『語り部塾』 塾頭 菊池 優 ブログ 『語り部塾』 塾頭 菊池 優 ブログ

『語り部塾』は、小説家、漫画家、漫画原作などドラマや物書きのプロを目指す若き才能を応援致します。
<< おっちゃんのひそかな楽しみ | main | 連休のお話◆拭崙荏覯颪暴仞福 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
連休のお話 拭崛安牛を食べる」
「前沢牛を食べる」「同窓会に出席」「お墓参り」「お見合いの介添え」「芝居を見る」「法事&誕生日会を行う」「ピンポンの団体戦参加」というのが、私が今年の連休中に入れた予定でした。
 とういうことで、少しずつ書いてみます。

 まずは「前沢牛を食べる」の巻です。
 3月のある日、見るとはなしにテレビを見ていたら、あるグルメ番組で「前沢牛」の特集をやっていました。
 それを見る前から、今年の連休は岩手に帰郷する予定だったので、食い意地のはった我々夫婦は、「よ〜し、予定より一日はやく出発して、牛を食おう!」ということになりました。
 ただ、問題なのは“足”です。
 ということで、かみさんの姪っ子夫婦に「前沢牛&温泉一泊ご招待(花巻)付きアッシー君」という嬉しいのか悲しいのかわからない名目で、予定をあけてもらいました。
 待ち合わせ場所は盛岡。
 会った途端、甥っ子がこう提案しました。
「わざわざ前沢まで行かなくても、盛岡にも前沢牛を食べさせてくれるところはあると思うから、いっそ花巻に向かったらどうですかね?」
 あまり考えずに行動する我々夫婦は、すぐに賛成し、車は一路花巻へ。
 ところが、走れども走れども「前沢牛あります」という看板がありません。
 そんなこんなで30分も走った頃でしょうか。
いきなり焼き肉屋の看板が目に入りました。
 すると、運転していた甥っ子が何のためらいも見せずにハンドルを切り、その店の駐車場へと入りました。
 なんでも、「テレビでも宣伝しているかなり有名な店だから、前沢牛を置いてるかも」との話だったのです。
 ワクワクしながら店内へ。
 でも、残念ながらお目当ての牛さんはご不在でした。
 頼んだ牛はまあまあ美味しかったとはいえ、わざわざ足を運ぶほどではありませんでした。
 ということで、食事を済ませて温泉に向かったのですが、最初の目標から達成できなかった今回の旅。
はてさてどうなることやら……。
| - | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 13:42 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kataribejuku.jugem.jp/trackback/9
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND